足場が悪い場所の草刈りは、無理に作業せず業者に依頼しましょう。

草刈り作業に潜む危険性

草刈りは知識もあるし、機械を使って簡単に出来ると思っていても、注意が必要です。足場の不安定な場所で行なうので、どんなに気をつけていても事故が起こってしまう場合があります。

大けがをしてしまう可能性もある(50代/男性)

私は、排水路の土手の上で草刈りをしていました。土手の上は斜面角度がきつくて、作業中も注意はしてたのですが、足を滑らせ1.5Mの深さの排水路に落ちてしまいました。水が無かったら大怪我、水が多かったら溺死だったと思うと、とても怖いです。草刈機は故障してしまったけど、幸い怪我が無かったので、助かりました。

慣れたときが一番危ない(50代/男性)

僕はハチに刺されたことがあります。とても大変でした。また、ご近所さんは、U字ハンドルの草刈機で誤って、足の指を切断してしまった人がいます。他にも、ゴーグル無しで草刈りをしていたら、小石が目に飛んできて手術なんていうのもありました。作業する時、安全に気を付けることが大切なのは分かっているのですが…慣れてしまうのが一番怖いですよ。 "

頼れる草刈り業者を選ぶポイント

草刈りを業者に依頼しようと検討しているのなら、次のようなポイントで業者を見極め、選んでいきましょう。

親切な業者さんに出会えた(30代/男性)

では、実際に草刈り業者を利用した人の話を確認してみましょう。一度業者に依頼すると、簡単で安全に草刈り作業をしてくれるので、リピーターが多いようです。"

TOPボタン